五月人形を飾って元気に成長|伝統とその意味を知ろう

甲冑人形

桃の節句に

ひなまつり

日本には古くから様々な祭りや行事が行われています。それは年中行事として日本全国で行われています。3月3日は桃の節句といい、ひな祭りという行事が行われます。ひな祭りと言えば、お家の中に飾られた雛人形が頭に浮かぶ人がほとんどなのではないでしょうか。そもそもひな祭りは女の子のための行事として存在していて、飾られる雛人形はその家の女児の健やかな成長と末永い幸せを願うという意味があります。雛人形の歴史は古く、一節には平安時代からあったと言われています。その時代には紙で作られた人型の人形を川に流し厄を払うという形で行われていたようです。また貴族の子どもたちの遊びに雛遊びといおうものがありました。これは現代で言うおままごとを指しますが、雛遊びの雛という言葉には小さくて可愛い物という意味が込められていて、この人型の人形を使った厄払いと、雛遊びが結びついて雛人形になりました。雛人形にも多くの種類があります。サイズも一般の家庭用のサイズからスーパーや百貨店で展示する用のサイズまで大小様々です。お内裏さまとお雛様のみのコンパクトな雛人形も人気が高く、マンションやアパートなどの限られたスペースではこういったサイズの雛人形が選ばれています。もし家庭に女の子がいるなら桃の節句には雛人形を飾りましょう。きっと可愛い笑顔を見ることが出来ますし、雛人形がお子様の厄を払い、幸せで健やかな成長を見守ってくれるでしょう。こういった日本特有の伝統行事を親から子へと繋いでいく事にも意味があります。